よくわかる自己破産ガイド

借金で悩んでいる方のために自己破産を中心に、その他の債務整理についてもわかりやすく解説するサイトです。

自己破産をすると保証人にはどのような影響があるのか

自己破産を検討している人の中には、保証人を立てている借金があるために躊躇している人も多いでしょう。自己破産を検討する上で最も悩むところだと思います。そこで、今回は自己破産をすると保証人にどのような影響があるのかについて解説していきます。

まずは、借金をした本人が自己破産した場合、保証人はどのようになるのかを解説していきましょう。

保証人には支払義務が残る

借金をした本人(主債務者)が借金を完済すると、当然ですが保証人の責任も無くなります。しかし、主債務者が自己破産で免責を許可されて借金の返済を免除された場合、保証人も免責されるわけではなく、保証人には借金の支払い義務が残ります

主債務者は貸金業者との契約で分割での支払いが滞った場合には期限の利益喪失と言って、一括での返済を請求されます。そのため、主債務者が自己破産した場合にも、保証人には一括での返済が請求されることになります。

つまり、自己破産してしまうと保証人には多大な影響があると言えます。

債権者が支払えない場合は?

先ほど書いたように、主債務者が自己破産して借金が免責されたとしても、保証人には全く影響はなく、保証人の支払い義務は無くなりません。

保証人となった人も、保証人になった時は経済的に余裕があったかも知れませんが、いざ借金の請求が来たときには状況が変わっており、借金を代わりに支払うことが出来ないということもあり得ます。

この場合、保証人も債務整理を検討せざるを得ません。

保証人に安定した収入があれば、任意整理で貸金業者と交渉を行うのが良いでしょう。保証人は一括での借金返済を貸金業者から請求されますので分割での返済を交渉したり、将来の利息カットなどを交渉することになります。

保証人にも返済する能力が全くないとなると、最悪の場合、保証人も自己破産しなければなりません。

保証人にはちゃんと説明する

前述したように、主債務者が自己破産してしまうと、保証人は残った借金を肩代わりしなければなりません。しかも、一括返済です。そのため、保証人には必ず迷惑をかけることになります。

保証人になってくれた人は恐らく親族や友人などで、善意で保証人になってくれたのでしょう。そのため、自己破産をすることはその人たちを裏切ることになるということを真摯に受け止める必要があります。

しかも、主債務者が自己破産をすることで、最悪の場合には保証人までも自己破産する可能性まであります。

よって、自己破産をする前に、保証人にはちゃんと自己破産することを説明し、理解を得なければなりません。

また、免責後に保証人が借金を支払うことになったとしても、少しずつでも保証人に支払っていくように説明すると誠意が伝わりやすいかも知れません。

保証人がいる借金を隠さない

親族や友人が保証人になっている借金があったとしても、迷惑をかけたくないからと言って、その借金を弁護士や裁判所に隠すようなことはしてはいけません。

存在を知っていたにも関わらず借金を隠してしまうと、免責不許可事由と言って、免責が許可されない理由となってしまいます。そうなると、自己破産したのに借金が免責されず、借金は無くなりません。

保証人から請求されることはある?

主債務者の代わりに保証人が残った借金を支払った場合、保証人から返済にあてたお金を請求されるようなことはあるのでしょうか?

基本的に主債務者に代わって保証人が借金を返済した場合、保証人はそのお金を請求することができます。これを求償権と言います。この求償権は、通常の保証人でも連帯保証人でも持っている権利です。

しかし、自己破産の場合には保証人が破産手続開始前に支払ったのか、それとも、破産手続開始後に支払ったのかによって、請求できるかどうかが異なります。

破産手続開始前に支払った場合

保証人が破産手続開始前に主債務者に代わって借金を返済した場合、保証人には求償権があります。

保証人に求償権があるということは、主債務者に対して返済を求める権利があるということですので、立場的には債権者ということになります。

よって、後に主債務者が自己破産の手続きを開始し、破産管財人が選任される管財事件となれば、他の債権者と同じように配当を受けることができます。同時廃止では配当がありませんので、保証人も配当を受けることはできません。

また、破産法253条1項6号には「破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権」は免責されないと書かれています。つまり、保証人が債権者だと知っていたのに裁判所に隠していた場合は、保証人は返済した額を請求できます。

・保証人が借金を返済

・主債務者が自己破産手続開始

・管財事件であれば保証人は配当を受けれる

破産手続開始後に支払った場合

破産手続開始後に保証人が借金を支払った場合は、主債務者が免責を受けたら、他の債権者と同じように返済を請求することができなくなり、保証人の求償権はなくなります。

つまり、基本的に保証人は肩代わりした借金を主債務者に請求する権利を持っているので、保証人から請求されることはあり得るでしょう。

しかし、保証人からの請求は債権者からの請求と同じようなものですので、免責を受けると保証人からの請求もなくなります。

▼「自己破産」の人気ブログをチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ にほんブログ村