よくわかる自己破産ガイド

借金で悩んでいる方のために自己破産を中心に、その他の債務整理についてもわかりやすく解説するサイトです。

法テラスを利用するメリットとデメリットについて

※この記事は弁護士の監修のもと作成しています。

法テラスのメリットとデメリット

債務整理を弁護士に依頼するとお金がかかります。弁護士費用は高額なイメージがあるので、債務整理をして借金問題を解決したい場合でも、費用の用意が出来ないという理由で債務整理をあきらめてしまう人がたくさんいます。

しかし「法テラス」という機関による弁護士費用立替サービスを利用すれば、お金がない人でも容易に弁護士に債務整理を依頼することが出来ます。

今回は、法テラスのメリットデメリットを中心に解説します。

法テラスがどんなところなのかを詳しく書いた「弁護士費用を立て替えてくれる「法テラス」とは?」と内容が重複する部分もありますが、まずは法テラスの概要から解説していきます。

法テラスとは

経済的な理由で弁護士費用が用意出来ない人でも弁護士に債務整理の依頼が出来る「法テラス」とはいったいどのような機関なのでしょうか。

法テラスは、正式名称を「日本司法支援センター」と言い、国の法務省の管轄の機関です。もともとお金のない人たちのための法律的支援を目的として設立されました。

法テラスでは、経済的に余裕のない人のために弁護士などの専門家による無料相談や弁護士費用の立替業務、刑事事件の国選弁護人や少年事件の国選付添人の選任管理、犯罪被害者援助、震災法律援助など各種の法的支援業務を行っています。

法テラスの民事法律扶助の仕組み

法テラスを利用して弁護士に債務整理を依頼する場合、法テラスの民事法律扶助制度を利用することになります。

法テラスの民事法律扶助制度とは、債務整理手続きにかかる弁護士費用をいったん法テラスに立替払いしてもらい、依頼者は法テラスに対して立て替えてもらった費用を分割償還していくという制度です。利用の際には法テラスの審査に通過する必要があります。

法テラスへの分割金の償還には利子はつきませんし、月々の分割償還金額も1万円程度の少額になりますので、とても利用しやすいです。

メリットその1:分割で支払える

法テラスを利用するメリットを見てみましょう。まず1つ目のメリットとして、弁護士費用を立て替えてもらって費用を長期分割で支払うことが可能になるという点が挙げられます。

通常弁護士事務所で依頼した場合、費用を分割払いするといっても、月々1万円やそれ以下での分割払いは難しいことが多いです。しかし法テラスなら、原則月々1万円で、場合によっては月々5000円ずつなどの少額の返済も認められるので、お金がない場合にはとても助かります

メリットその2:金額自体が安くなる

法テラスを利用するメリットの2つ目として、かかる費用そのものが安くなるということが挙げられます。

法テラスを利用する場合、かかる弁護士費用の金額は法テラスの基準になります。法テラスの費用基準は、一般の弁護士事務所などの相場よりもかなり安くなっています。

たとえば自己破産の場合、一般の弁護士に依頼すると最低でも25万円程度はかかりますが、法テラスを利用すると15万円程度の負担で済みます。

このように、法テラスを利用すると支払金額そのものが安くなることも大きなメリットになります。

メリットその3:免除が受けられることも!

法テラスを利用するメリットの3つ目として、償還金の猶予・免除制度があることが挙げられます。法テラスの民事法律扶助制度では、上記のとおり原則として立替金の償還が必要になります。

しかし、手続き後の生活状況などにおいて、どうしても償還金の支払が苦しくなる場合があります。このような場合には、事情を法テラスに説明して償還を猶予してもらったり、場合によっては償還を免除してもらうことも可能です。

メリットその4:生活保護受給者なら償還が不要

法テラスのメリットの4つ目として、生活保護受給者なら償還金の返還が不要だという点が挙げられます。

たとえば生活保護受給者が自己破産などの債務整理をした場合、償還は不要なので無料で弁護士のサービスを受けられることになります。

また、事件の進行途中で生活保護を受給するようになった場合や、事件終了後生活保護を受給するようになった場合も、その旨をテラスに申告すれば、立替金の償還は不要になります。

デメリットその1:資力要件がある

法テラスを利用する際、デメリットもあります。まず1つ目のデメリットとして、法テラスを利用するには資力要件があるということが挙げられます。

法テラスの民事法律扶助制度はもともとお金のない人のための制度なので、誰でも利用出来るわけではありません。利用が認められるには、収入や財産が一定以下である必要があります。

たとえば、一人世帯の場合には手取り収入が原則として18万2千円以下である必要があります。財産については居住用以外の不動産を所有していたり、300万円以上の価値のある財産を持っている場合には利用出来ないなどの制限があります。

デメリットその2:審査に時間がかかる

法テラスのデメリットの2つ目として、資力要件を満たしているかの審査に時間がかかる点が挙げられます。債務整理をする人は、債権者からの督促に追われており手続きを急いでいる人が多いですが、法テラスを利用すると、審査に2週間程度はかかってしまいます。

この審査期間には弁護士が正式に介入することが出来ないので、債権者からの連絡が届き続けることになります。また、必ずしも審査に通るわけでもありません。

このように、法テラスでは審査に時間がかかることは大きなデメリットになります。

デメリットその3:弁護士を選べない

法テラスの民事法律扶助制度に申し込んで利用する場合、自分で依頼予定の弁護士を見つけた場合でなければ、法テラスに登録された弁護士を紹介されることになります。

このとき、弁護士の年齢や性別、債務整理が得意かどうかなど、利用者の希望を聞いてもらうことは出来ません

法テラスは特段選別することなく、登録された弁護士の中から紹介する弁護士を選んでいるだけなので、どのような弁護士を紹介されるかは、そのときの運次第ということになります。法テラスで紹介された弁護士と相性が合わず、不満を感じる人もいます。

この点、一般的な弁護士事務所で債務整理を依頼すれば、当然自分の好きな弁護士を選ぶことが可能です。

このように、法テラスを利用する場合、自分の好きな弁護士を選べないという点がデメリットとなります。

▼「自己破産」の人気ブログをチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ にほんブログ村