よくわかる自己破産ガイド

借金で悩んでいる方のために自己破産を中心に、その他の債務整理についてもわかりやすく解説するサイトです。

ヤミ金が増加中?ヤミ金の詐欺被害にも注意!

ヤミ金の詐欺被害にも注意!

ダイヤモンド・オンラインで「最近ヤミ金が再び増え続けているようだ、ヤミ金による詐欺被害も出ている」という内容の記事がアップされていたので、今回はこの記事を参考にヤミ金に関して書いて行きたいと思います。

ヤミ金が再び増加で悪質化している

今回、注目したいダイヤモンド・オンラインの記事はこちらです。
ヤミ金が再び増加か?悪質化で詐欺の被害も続出

ざっくり内容を説明すると・・・

  • 個人よりも事業者のヤミ金利用が増えている
  • 廃業した貸金業者がヤミ金として顔なじみに貸付けしている
  • 特殊詐欺とヤミ金の境目が無くなってきている
  • 多重債務者の名簿が悪徳業者から狙われている
  • 個人利用者は銀行のカードローンの利用が増えている
  • 多重債務者が減ったと結論づけるのは早計である

まず、ここで説明しておきたいのは、銀行系のカードローンは総量規制の対象外であるということです。

2010年に貸金業法が改正された時に、過剰な貸付けを防止するため、借り手は年収の3分の1以上の借金ができなくなりました。これを「総量規制」と言います。この総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社、そして信販会社などです。

一方、銀行やゆうちょ銀行からの借金は総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超えても借入れができる可能性があります。そのため、消費者金融で借入れしていた人たちが銀行系のカードローンに流れている傾向があります。

しかし、銀行系のカードローンは借りたお金の使いみちが生活資金に限られているので、事業者が事業を行うための資金として借りることができません。消費者金融で借りることができなくなった事業者はヤミ金で借りるしかないため、事業者のヤミ金利用が増えているようです。

ヤミ金が詐欺?

昔からあるヤミ金詐欺の手口としては、手数料詐欺などがあります。

手数料詐欺は最初に5万円借りたとすると、もちろん法外な金利は取られますが、返すときは5万円+利息となるはずです。しかし、手数料詐欺では、手数料だの、〇〇費用だの、よく分からない料金が追加されていき、債務者からお金をむしり取っていく手口です。

記事で紹介されていたのは、「優遇金利詐欺」と「白ロム詐欺」の2つでした。

金利優遇詐欺とは・・・
たとえば、事業者向けで多いのが「優遇金利」詐欺。年率1%台といった超低金利を提示し、申込書を書かせて「事務手数料」などと称して先に債務者におカネを振り込ませる。しかし、この事務手数料は返ってくることはなく、その後、おカネを貸してくれることもない。つまり、単におカネを巻き上げられて終わり、という詐欺なのだ。
http://diamond.jp/articles/-/82468/?page=2

白ロム詐欺とは・・・
白ロム詐欺」のヤミ金版も跋扈している。白ロム詐欺とは、携帯電話やiPadなどを契約させ、SIMカードが入っていない「白ロム」という状態で買い取る、と持ちかけるもの。被害者は、実際には端末だけを取られておカネをもらえなかったり、高額の端末利用料請求に苦しむことになる。
http://diamond.jp/articles/-/82468/?page=2

白ロム詐欺では、「お金は貸せないが白ロムなら買い取る」という謳い文句で多重債務者を騙しているようです。ただし、白ロム詐欺は多重債務者じゃなくても被害に遭う可能性が十分にあるので注意しておきましょう。

また、多重債務者は詐欺に引っかかりやすい傾向があるため、多重債務者の名簿は悪徳業者から「カモリスト」とされているようです。

ヤミ金の被害に遭わないために注意すること

ヤミ金から借金をしてしまうと、法外な金利を取られるだけではなく、今回紹介したように詐欺被害に遭う可能性もあります。しかも、返済できなければ、悪質な取り立てに苦しむことになってしまいます。

それでは、ヤミ金に被害に遭わないようにするためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

甘い口車には絶対に乗らない

往々にしてヤミ金業者は、「ブラックOK」「無条件融資」「即日融資」「無審査」「多重債務者歓迎」「手続き不要」などの甘い謳い文句であなたに近づいてきます。どんなにお金に困っていたとしても、このような口車には乗らないようにしましょう。

借りれるところがどこも無く、返済日が迫っているのに返すアテがない!という人は、ヤミ金に手を出すのではなく、弁護士や司法書士などの専門家に相談にいきましょう。ここ、ヤミ金に手を出したとしても、結局、借金で苦しむことになってしまいます。

貸金業登録が嘘の可能性がある

貸金業を営むには国や都道府県に届け出をして、貸金業登録をしなければなりません。ヤミ金はもちろん、貸金業登録をしていません。しかし、あたかも貸金業登録をしているかのように見せかけて、信頼があるように偽装している悪徳業者がいるので注意が必要です。

貸金業登録をしている業者は金融庁のホームページで検索することができますので、気になる点が少しでもあったら借りる前に必ず登録番号を調べてください。

登録貸金業者情報検索入力ページ|金融庁

また、「日本消費者金融連絡会」などと架空の団体名や企業名を名乗り、利用者を騙そうとしている業者もいるようです。確かに、実在しそうな団体名なので、これは信じてしまいそうです。

上で紹介した金融庁のホームページでは貸金業者の名称でも検索できるので、聞いたことない場合は1度検索してください。

ヤミ金業者に対する罰則の強化

2007年に出資法が改正されたことで、ヤミ金業者に対する罰則が強化されました。強化されたのは以下の3つです。

  • 年利109.5%を超える金利で貸付けを行うと、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金
  • 貸金業登録せずに無登録で営業した場合は、10年以下の懲役又は3000万円以下の罰金
  • 自宅に押しかけ退去要求に従わない場合など2年以上の懲役もしくは300万円以下の罰金

このように2007年から罰則を強化してヤミ金を厳しい状況に追いやってるものの、実際は増えている可能性すらあります。今後は警察により厳しく取り締まってもらうしかありませんね。

既にヤミ金に関してお困りの方は、とにかく早く弁護士や司法書士など法律の専門家に相談してください。

▼「自己破産」の人気ブログをチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ にほんブログ村