HOME > よくある質問 > 家族や周りの人にはバレずに任意整理できるか?

家族や周りの人にはバレずに任意整理できるか?

任意整理は家族にバレずにできるか

【質問】

現在、借金の返済が間に合っておらず、近いうちに任意整理したいと思っています。 しかし、家族など周りの人間は私の借金のことは知りません。ギャンブルや飲酒で作ってしまった借金なので絶対にバレたくありません。どうにかバレずに任意整理したいのですが、可能でしょうか?

【回答】上手くやればバレない可能性は高い

借金の解消にはいくつかの手段がありますが、今回は任意整理を検討されているとのこと。

この場合の周囲にばれる危険性について解説します。

合わせて個人再生や自己破産の場合だとどうなのかも見ていきましょう。

任意整理はばれる可能性は他の手段に比べ低い

任意整理は他の手段に比べればばれる危険はかなり低く、うまくやれば周囲にばれずに処理することができます。

もし任意整理を自分でやる場合は話が異なりますが、普通は債権者が相手にしないので弁護士や司法書士を利用します。この場合専門家が代理人となりますので、債権者は債務者に個別に連絡を取れません。

ですから通知や電話なども全て代理人に行くため、家族にばれることはありません。その専門家とのやり取りですが、例えば弁護士事務所名で郵便が来るとまずい場合は予め他人名義で郵送してもらえるように打ち合わせをしておくと良いです。

あるいは日時を決めてこちらから事務所に取りに行ったり、郵便局留めにするなどの工夫もできます。

「家族にばれたくない」という依頼者の思いは重々承知していますので、専門家側も心得ていますから柔軟に対応してもらえます

もしバレるとしたらどこから?

任意整理では預金通帳のコピーの他、住民票と源泉徴収票(又は所得証明書)が必要ですが、源泉徴収票が会社から取りづらい場合は所得証明書を役所で取れるので問題ないでしょう。住民票と通帳コピーもばれる元にはなりませんね。

任意整理をした債権者の中に銀行などの金融機関がある場合は、以後その金融機関からは借り入れができなくなることがほとんどですので、配偶者が住宅ローンなどの申し込みを考えていて、しかもそれが整理対象の金融機関である場合は何とかして別の金融機関を検討するように誘導する必要があります。

同様に整理対象の金融機関が発行するクレジットカードも利用できなくなりますが、カードについては「使い過ぎが心配で利用を止めた」などの説明で大丈夫でしょう。

盲点として、整理対象に親戚など個人の貸し手がいて家族とも付き合いがある場合は借金の話題が出てくる可能性は当然ありますが、これは仕方のないことでしょう。

任意整理で会社に通知が行くということはありませんので大丈夫です。

個人再生の場合は?

個人再生の場合は裁判所が関与する厳格なシステムですので任意整理とは様相が異なってきます。個人再生は債権者の権利を一部消滅させる強い効力があるので、債権者に対して通知がなされます。

ですから会社から借り入れをしている場合は通知が行きますし、「官報」という国の機関紙に住所と氏名が公表されてしまいます。

官報は一般の人は見る機会もないのでばれる危険は少ないですが、この後説明する自己破産の説明を確認して下さい。

個人再生も弁護士等専門家を利用することがほとんどですので、裁判所からの通知なども代理人経由になりますから任意整理と同様の工夫をすることで対応可能です。

家族がいる場合は難しい

任意整理と違ってネックになるのは、家計を共有する同居人がいる場合はその人の分の収入を証明するもの(給与明細など)や家計簿の提出を求められるということです。

配偶者の給与明細や家計簿をこっそり拝借できれば問題ありませんが、実際は難しいことが多いでしょう。

また退職金の予定額を証明するものとして会社から証明書を貰う場合もうまい言い訳を考える必要があります。この場合は「ライフプランの作成に必要でファイナンシャルプランナーに渡す」などが良いかもしれません。

自己破産の場合は?

これも代理人を立てることがほとんどですので直接の通知などが来ないのは同様です。

官報経由の危険性は個人再生と同じで、掲載された住所と氏名を入手してヤミ金融業者が貸し付けのためのダイレクトメールを送りつけてくることがあります。これは家族に借金を疑われる要因になりますね。

自己破産の場合はかなり困難

また自己破産は換金性の高い財産を処分しなければならないので、処分手続きの為に裁判所の職員や業者の査定員などが訪れることがありますから同居人がいれば目撃されるかもしれませんし、財産の差し押さえを受ければバレるでしょう。ただ財産が全くない場合はこうしたことはありません。

家族や友人などが連帯保証人になっている場合は自己破産をした後の債務については連帯保証人に取り立てが行きますから当然ばれます。

市区町村の役所が作成している破産者名簿というものがあります。税金の滞納者の管理に使うものですので一般人は閲覧でませんが、役所に知り合いがいる場合はばれる可能性はあります。

また会社に業務関連で官報をチェックする部署がある場合、同僚の目に留まる危険があります。

自己破産は職業制限がありますから、もし警備員など制限される職業だった場合は就業規則などに従って解雇されることが無いとも言えません。この場合配置換えなどで警備職から外してもらうなどの工夫をしてくれる可能性もあります。

まとめ

任意整理は裁判所が関与せず自由度が高いので、周囲にばれずに処理することは十分に可能です。

一方債権者の権利を大きく害する個人再生や自己破産では官報に掲載される問題と、収入証明など必要書類の入手の過程でばれる危険が高まります。

正直に話して周囲の支援を得るという選択肢もぜひ検討してみて下さい。

カテゴリ:よくある質問

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村