HOME > よくある質問 > 任意整理の手続き後はどんな影響がある?

任意整理の手続き後はどんな影響がある?

任意整理に関する質問

任意整理手続きを執ると苦しかった借金支払いが楽になり、借金問題が一挙に解決出来るので利用する人は多いです。今から任意整理手続きを執りたいと思っている人もたくさんいるでしょう。

しかし、任意整理をすると、その影響でその後の生活に支障が出ることなどがあるのかが心配で、手続きを躊躇することもあります。この問題について正しく知っておかないと、任意整理後予想していなかった問題に直面することもありますし、逆に無用な心配をして任意整理に踏み切れず借金問題に苦しみ続けるなどの不都合が生じることもあります。

そこで今回は、任意整理手続きを執った場合の手続き後の影響をまとめました。

【質問1】
任意整理すると「ブラックリスト」状態になる?

任意整理後の影響として、一番多い質問が「任意整理するとブラックリスト状態になるのか?」という質問です。

この点、任意整理するとブラックリスト状態になって、クレジットカードを作ったりローンを組むことが出来なくなります

ただ、ブラックリストといっても実際にそのようなリストがあるわけではありません。 任意整理などの債務整理手続きを執ると、個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関での融資の審査に通らなくなり、クレジットカードも審査落ちしてしまうようになります。この状態を俗にブラックリスト状態と言っているのです。

ラックリスト状態は約5~7年くらい続きますので、任意整理後は、手続き後5~7年程度の間、自分名義でクレジットカードやローン契約が出来なくなります。

【質問2】
任意整理しても今持っているクレジットカードは使える?

任意整理した場合、今持っているクレジットカードは使えるのでしょうか。 実際、任意整理をすると今使っているクレジットカードが止められることがあります

クレジットカード契約においては、契約中でもときどき途上与信という与信審査が行われて信用情報がチェックされていますし、カード更新の際などにも信用情報をチェックされます。

よって、途上与信やカード更新の際、任意整理でブラックリスト状態になっていることがカード会社に判明して、クレジットカードを止められてしまうのです。

【質問3】
任意整理すると生命保険に加入出来ない?

任意整理すると生命保険に加入出来なくなるのかという質問もよくあります。

この点、任意整理をしても、生命保険には問題なく加入出来ます。任意整理手続きを執ったからと言って、生命保険を途中解約しないといけないなどの問題もありません。任意整理は生命保険契約に影響を及ぼすことはないのです。

生命保険契約においては、その人の健康状態や年齢などの加入条件が重要なのであって、信用状態は基本的に無関係です。

よって、任意整理などの債務整理手続きをとったとしても、他の生命保険契約のための健康状態や年齢などの条件を満たしていれば、問題なく生命保険契約が出来ます。

【質問4】
任意整理すると携帯電話契約が出来なくなる?

任意整理すると携帯電話の契約が出来なくなるのかという質問もよくあります。

任意整理しても、携帯電話の契約自体は可能です。任意整理手続きを執ったことを理由に途中で利用停止されたり強制解約されることもありません

しかし、任意整理手続きを執ったことにより、信用情報に傷がついた「ブラックリスト状態」になっていると、携帯電話の機種変更などの際の端末機の「分割払い」が出来なくなります

よって、携帯電話の機種を変えたり新規購入したい場合には一括払いで購入しなければなりません。 このように任意整理しても携帯電話の利用契約自体は可能ですが、機種購入方法には制限がかかることを覚えておきましょう。

【質問5】
任意整理するとローンが残っている車はどうなる?

車のローンを支払っている最中でも任意整理することはあります。このような場合、車はどうなってしまうのでしょうか。

この問題は、車のローンを整理対象とするかどうかによって回答が異なってきます

ローン設定をして車を購入した際には、通常ローン完済までの間は車の所有権がローン会社にとどめられています。そして、ローンを滞納した場合には、ローン会社が所有権にもとづいて車を回収してしまいます。

よって、任意整理で車のローンを対象にして手続きした場合には、ローン会社が車を引き上げてしまうので、車を失うことになります。

反対に、任意整理をしても車のローンを対象にせず、車のローンについてはそのまま支払いを継続すれば、車を引き上げられることはなく、車を手放さずに済みます。

このように、任意整理で車がどうなるかは車のローンを対象にするかどうかで異なっています。 車を手放したくない場合には、車のローンを外して手続きを執ることがおすすめです。

【質問6】
任意整理すると給料が差し押さえられることはある?

任意整理すると、給料が差し押さえられることがあるのでしょうか。

実際、任意整理したからという理由で給料が差し押さえられることはありません。むしろ、任意整理での合意に従ってきちんと支払いを続けている限り、給料の差押は起こりません。

給料が差し押さえられるのは、任意整理をせずに滞納状態を長期にわたって放置していた場合や、任意整理後その合意内容を守らず支払いを滞納して放置し、債権者から裁判を起こされた場合です。

裁判を起こされると裁判所から「支払い命令」という判決が出ますが、債権者はこの判決にもとづいて給料や預貯金などの財産の差押をすることが出来るようになります。

以上のように、任意整理をしたからといっても給料を差し押さえられることはありませんが、任意整理での合意を守らず支払いを滞納し続けると給料を差し押さえられる可能性があることは覚えておきましょう。

【この記事は弁護士監修のもと作成しています】

カテゴリ:よくある質問

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村