HOME > よくある質問 > 1度任意整理した借金を再度、任意整理することは可能ですか?

1度任意整理した借金を再度、任意整理することは可能ですか?

はてな

【質問】

2年前に任意整理をして3年で完済するように分割して返済していましたが、生活が苦しく返済が難しい状況です。1度任意整理をした借金を再度、任意整理して3年だった返済期間を5年もしくは、5年以上に延長することは出来るのでしょうか?

【回答】任意整理後に再度、任意整理をすることも不可能ではない

任意整理という形で貸金業者と和解して借金を減らしたけれど、やはり支払いが厳しくなるということはあると思います。1度任意整理した借金について、再度任意整理を行うことも不可能ではありません

ただし、再度の任意整理ができるかどうかは、ケースバイケースです。

まず、2度目の任意整理では、これまでの支払実績や借金の残額が大きくかかわってきます。これまで滞りなく返済を行っており、借金の残額も少なくなっているようであれば、再度の任意整理にも応じてもらいやすいでしょう。

なお、1度目の任意整理では、通常は、利息制限法を超えて払い過ぎている利息を残りの借金の支払いに充てる形で借金を減額しているはずです。けれど、2度目の任意整理ではそもそも払い過ぎの利息がありませんから、借金そのものの減額は困難です。

ですから、もし認められるとしても、支払い期間を延長して毎月の返済額を減らすという、支払条件の変更のみになります。

2度目の任意整理では3年を超える支払期間の設定は難しい

一般に、任意整理では、貸金業者は和解後3年を目安に分割返済に応じてくれます。3年以内の返済が難しい場合には、1度目の任意整理であれば5年程度まで返済を猶予してもらえることが多くなっています。

しかし、2度目の任意整理の場合には、既に一度延長した後ですから、支払いが長期になればなかなか応じてもらえません。返済期間が3年を超える場合には、和解には応じてもらいにくいと言えます。

と言っても、もし自己破産を申し立てることになれば、貸金業者側も債権を回収できなくなってしまいますから、払えるものは払ってほしいというのが本当のところです。これまでの支払実績に問題がなく、支払期間が長期になっても全額支払う意思があるということを示せば、応じてもらえる可能性はあります。

再度の任意整理を考えたら延滞する前に相談を

再度の任意整理を希望する場合、いちばん注意しておきたいのは、延滞する前に相談するということです。延滞する前と延滞してしまった後では、貸金業者側の対応も違います。

任意整理を行った際には貸金業者と和解契約を締結していると思いますが、和解契約では「分割金の支払いを2回分以上怠ったときには、期限の利益を喪失し、支払残金を一括返済する」といった期限の利益喪失条項が定められているはずです。

つまり、もし約束どおりの返済ができず延滞してしまうと、残額を一括請求されても文句は言えないばかりか、遅延損害金を請求されてしまうことになります。

貸金業者といえども、対人間ですから、信頼関係が大事であることは言うまでもありません。約束違反をしてしまってからでは、こちらの事情を聞いてもらえる可能性も低くなってしまいます。

もう今後の支払いが厳しいということが明らかな場合には、迷わず弁護士や司法書士に相談し、貸金業者に任意整理を打診してもらいましょう。何も言わずに放置しておくことがいちばんリスクになりますから、早めの対応が肝心です。

2度目も可能な限り任意整理がおすすめ

再度の任意整理が難しい場合、残された方法は個人再生または自己破産ということになります。1度任意整理を行った後でも、個人再生や自己破産をすることはできます。

なお、個人再生や自己破産を申し立てると、7年間は再度申し立てができないという制限があります。もし近い将来3度目に債務整理をしたい事情ができたときに、方法がなくなることもあります。

任意整理の場合には、裁判所を通していませんから、こうした期間の制限はありません。もちろん、2回目以降は業者に応じてもらいにくくなりますが、基本的には時期に関係なく、何度でも任意整理はできます

もう2度目だからと個人再生や自己破産を申し立てるのではなく、2回目も可能な限り任意整理を行った方が、後々のことを考えると安心です。任意整理なら、いろいろな面で柔軟な対応をしてもらえるというメリットもあります。

個人再生・自己破産のどちらを選ぶか

任意整理がどうしても困難な場合には、個人再生自己破産のどちらかを選ばなければなりません。

毎月継続的な収入があれば、個人再生を申し立てることができます。個人再生では、借金を全額免除してもらうことはできませんが、5分の1程度まで減額してもらえます。また、個人再生では、住宅ローンを別にして残りの借金についてのみ整理することができるため、マイホームを残すこともできます。

一方、自己破産では借金は全額免除になりますが、家や車などの財産はとりあげられてしまうことになります。また、支払困難になれば必ず自己破産が認められるわけではありません。たとえば、ギャンブルが原因で借金してしまったような場合には、借金の支払いを免除してもらえない可能性があります。

個人再生と自己破産のどちらを選んだら良いかは、それぞれの人が置かれている事情によって変わってきます。2度目の場合には、1度目以上にスピーディーな決断が必要ですから、早い段階で弁護士または司法書士に相談しましょう。

カテゴリ:よくある質問

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村