HOME > よくある質問 > 借金を相続放棄したいのですが、任意整理でどうにかなりますか?

借金を相続放棄したいのですが、任意整理でどうにかなりますか?

任意整理に関する質問

【質問】

亡くなった父が借金を残していたのですが、相続放棄したいと思っています。任意整理でどうにか解決できるのでしょうか?もしくは、任意整理とは関係ないのでしょうか?よろしくお願いします。

【回答】相続放棄すれば相続人ではなくなる

父親の借金を相続したくなければ、家庭裁判所で相続放棄の手続をすればOKです。相続放棄すれば、相続人とはなりませんから、借金を返済する義務も発生しません。

父親が亡くなったとき、子であれば本来は相続人になります。相続では不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、マイナスの財産である借金も引き継ぐことになります。父親が借金を残して亡くなった場合、そのままにしておけば借金を相続してしまい、債権者に返済を要求されてしまいます。

相続放棄は亡くなった人(被相続人)の財産を一切引き継がないようにする手続です。相続放棄した人は初めから相続人でなかったものとみなされますから、相続財産は残りの相続人で分けることになります。

相続放棄すれば任意整理する必要はない

父親の残した借金の支払いが困難な場合に、任意整理で解決できないかと考えるかもしれません。父親の借金を相続してしまったのであれば、債権者と話し合いをして任意整理で解決するという方法もあります。

けれど、相続放棄すればそもそも借金を相続しないことになりますから、借金の返済義務が発生することもありません。つまり、相続放棄するのであれば、任意整理を考える必要もないということです。もし債権者が取り立てに来ても、相続放棄した旨の証明書を見せれば、それ以降返済を要求されることはなくなります。

相続放棄は3ヶ月以内に手続しなければならない

相続放棄は被相続人が亡くなった後3ヶ月以内に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出して手続しなければなりません。

被相続人が亡くなったことを知らなかった場合には、知ったときから3ヶ月以内に手続する必要があります。この3ヶ月という期間を過ぎてしまえば、もう相続放棄はできなくなってしまいますから、速やかに手続しなければなりません。

なお、相続放棄の3ヶ月の期間が経過する前であれば、手続期間の延長を申請することもできます。

被相続人の財産の状況がよくわからず、3ヶ月以内に相続放棄すべきかどうか決められそうになければ、家庭裁判所に延長申請しておくのが安心です。実際にどれくらい期間延長できるかは裁判所が決めることになりますが、延長後の期間満了前に再度延長申請をすることも可能です。

3ヶ月経過後でも例外的に相続放棄できる場合がある

「亡くなった父親に借金はないと信じて疑わなかったけれど、3ヶ月経過後に債権者から督促状が届き、初めて借金の存在がわかった」というケースも考えられます。このような場合にも相続放棄を認めないとすると、あまりにも相続人にとって酷な結果になってしまいます。

そのため、被相続人には借金がないと信じるのに過失がなかったような場合には、3ヶ月経過後でも例外的に相続放棄が認められることがあります。

相続放棄すればプラスの財産も相続できない

相続放棄すれば借金を引き継がずにすむというメリットがありますが、プラスの財産も引き継げないというデメリットがあります。「父親が亡くなったら家や土地が自分のものになる」と思っていたとしても、相続放棄すればその権利自体がなくなってしまいます。

また、相続放棄は一度手続すれば撤回することができません。相続放棄をしてからプラスの財産がたくさんあることがわかり、「やっぱり相続放棄したくない…」と思っても、もう手遅れということになります。

相続人全員で限定承認するという方法もある

借金の負担を引き継がない方法として、相続放棄以外に、限定承認もあります。

限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐことができるというものです。被相続人の財産が、借金を差し引いてもプラスになりそうな場合であれば、限定承認によりプラスの部分を相続できることになります。もし予想に反して財産がマイナスであった場合でも、不足分を支払う義務はありません。

限定承認は一見便利な制度ですが、相続放棄と違って相続人全員で手続しなければならないという制限があります。また、限定承認すれば不動産などに譲渡所得税がかかってしまうケースも多いことから、実際にはあまり使われていません

被相続人の財産に手を付けた後では相続放棄ができない

相続人が被相続人の財産の全部や一部を処分してしまった場合には、相続放棄はできません。たとえば、被相続人が残した土地や建物を勝手に売却してしまったり、被相続人が他人に貸していた借金を取り立てたりした人は、相続を承認したものとみなされますから、その後に相続放棄することができなくなってしまいます。

被相続人の借金を自分が支払った場合には相続放棄は可能

「父親の借金を放置しておけば遅延利息が発生して借金が膨らんでしまうので、支払期限が来た分を返済してしまった…」ということもあると思います。

被相続人の借金の一部を自分のお金で返済したのであれば、相続放棄することはできます。一方、被相続人が残したお金で借金を返済した場合には、財産の処分行為に当たりますから、相続放棄することができません。

カテゴリ:よくある質問

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村