HOME > 任意整理の基礎知識 > 任意整理の5つのデメリット

任意整理の5つのデメリット

任意整理のデメリット

任意整理には自己破産を回避できるなど多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。現在、借金に困っていて、任意整理を検討されている方は今回紹介するデメリットを必ず把握しておくようにしましょう。

デメリット①:ブラックリストに載る

ブラックリストの載ると5年程度借金できない

任意整理を行うとブラックリストに載ってしまうため、5年程度はお金を借りることが出来なくなります。この5年というのは信用情報機関が情報を保有する期間です。この期間に滞納せずに支払いを続けていけば、5年程度でブラックリストが消えます。

しかし、任意整理後に再度、支払いが遅れてしまったり、滞納してしまう人が多いのも事実のようです。支払いを滞納すれば、ブラックリストに載る期間も長くなっていきます。

ブラックリストから消えるまでの5年間は倹約に努めて、借金の完済を最優先しましょう。お金が借りれないからと言って、ブラックでもOK!のような甘い口車には絶対に乗ってはいけません。人生を再出発するチャンスなのです。

ブラックリストに載ってしまう理由

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、借金の支払いを一時的に停止することになります。これにより、債権者への支払いが遅れたとみなされるので延滞情報が登録され、いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

しかし、依頼をする方は遅かれ早かれブラックリストに載ってしまう可能性が高いと言えるでしょう。なぜならば、返済が滞っている依頼者は既にブラックリストに載っているでしょうし、返済が厳しくなって来ている方もそのまま借金を放置すれば近いうちにブラックリストに載ることが予想されるからです。

なので、どちらにせよブラックリストに載ってしまうのであれば、任意整理によって借金を整理して載った方が良いので、考えようによってはそこまで悲観することはないのかも知れません。

デメリット②:返済資金が必要

誰でも任意整理できるわけではない

任意整理とは?知っておきたい任意整理の特徴」でも書いた通り、任意整理は基本的に借金がゼロになるわけではありませんので、減額された借金を返済していくための資金が必要となります。

そのため、仕事をしていて安定した収入があるとか、親族が返済するために資金を用意してくれたなど、借金の返済を続けても生活していけることが条件となります。つまり、任意整理は借金に困っていれば、誰でも出来るというものではないのです。

任意整理を行うか判断は慎重にする

任意整理をしたところで毎月の返済額が月収を上回っている場合や、返済資金のアテがない場合などは、いくら任意整理をしたいと申し出ても弁護士や司法書士が引き受けてくれることはないでしょう。

仮に無茶な返済計画を立てて任意整理をしたとしても、結局は返済できずに自己破産となるケースもあります。そうなると、それまでの返済が無意味となってしまいます。

そうならないためにも、返済計画は慎重に立てる必要があり、任意整理では返済が難しい場合は借金の元本も大幅に減額される個人再生か自己破産をした方が賢明でしょう。

デメリット③:貸金業者の協力的でなければ難しい

取引経過の開示を拒否する業者がいる

一般的に任意整理を行う場合は、まず貸金業者から取引経過の開示をしてもらい、これをもとに利息の引き直し計算を行っていきます。

スムーズに取引履歴を開示してくれれば良いですが、貸金業者の中には過払い金があるため一部だけ取引経過の開示を行ったり、完済したことを開示しない業者、または全く要求に応じない業者がいる場合には任意整理を進めるのは困難となります。

取引経過の開示は義務

しかし、平成17年の最高裁の判決では貸金業者は取引履歴を開示する義務があるという判断を下しています。そのため、取引経過の開示を拒否する業者は減少傾向にあります。

それでも、開示を拒否する場合には弁護士が損害賠償も視野に入れながら粘り強く情報の開示を請求する必要があるでしょう。

また、弁護士が開示された情報が正しいのかどうか判断するためにも、依頼する側はどの業者から、いつ頃、いくら借りたのかを出来るかぎり伝えておく必要もあります。

▼裁判所を通さないことによるデメリット
裁判所を通さないことによるメリットが大きい任意整理ですが、裁判所を通さないことによるデメリットもあります。

デメリット④:強制力がない

任意整理はあくまでも貸金業者である債権者と弁護士が裁判所を通さずに交渉していくので、そこに法的な強制力はありません。個人再生のように強制的に借金をカットするようなことが出来ず、貸金業者が交渉に応じなければ和解が成立しないというデメリットがあります。

それどころか、貸金業者が自分たちが有利になるように利己的な要求をしてくることもあるので、弁護士は屈すること無く交渉しなければなりません。

デメリット⑤:時間がかかることも

自己破産や個人再生といった裁判所を通す手続きに比べて、任意整理は時間がかかることが多いです。これは、弁護士が妥協せずに粘り強く交渉しているためなので、仕方ないことだと言えるでしょう。

もちろん、スムーズに交渉がすすめば早く和解することもあるため、絶対に時間がかかるということではありません。

たとえ時間がかかったとしても、この時間は債務者が自分のお金の使い方や今後の生活を見直す時間として使えるため、メリットもあると言えますね。

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村