HOME > 任意整理の基礎知識 > 任意整理は簡単ではない?任意整理が難しい理由について

任意整理は簡単ではない?任意整理が難しい理由について

任意整理は難しいのか?

借金でお悩みの方で任意整理をするか、個人再生をするか、自己破産をするか迷っている方もいらっしゃるでしょう。この中でも任意整理は裁判所を通さないので、他の方法と比べるとハードルは低いように思われがちですが、実際はどうなのでしょうか?

今回は任意整理は難しいのかどうか、について見ていきます。

任意整理がどのような借金整理法なのかについては「任意整理とは?知っておきたい任意整理の特徴」を参考にしてください。

任意整理は難しいケースもある

結論から言うと、任意整理は難しい場合もあります。その最大の理由は、債権者にもある程度の理解してもらい協力してもらわなければならないからです。

任意整理は裁判所を通さない手続きなので弁護士や司法書士が直接、債権者と交渉しなければならず、強制力がないため債権者の理解がなければ、和解は困難となります。

もちろん、ケースバイケースなので和解できるかできないかは借金の額や滞納期間によっても大きく異なり、全てのケースで難しいわけではありません。

任意整理の流れの中で、難しい項目は以下の通りです。

任意整理の流れと困難な項目

・弁護士への委任

・利息制限法引き直し計算
取引経過書をきちんと出さない業者がいて困難

・月々の返済可能額を算出

・債権者に債権カットを要求
要求をのんでもらうのが困難

・債権額に応じて返済額を再計算

・全債権者との合意

・計画に従った返済
きちんと返済しない債務者が多い

それでは、各項目が困難な理由を見ていきましょう。

任意整理が難しい理由

理由①:利息の引き直し計算が困難

任意整理において最初の関門となるのが利息制限法による利息の引き直し計算です。

弁護士や司法書士が任意整理を依頼されるとまず、債権者に受任通知と送りますが、同時に取引経過の開示も要求し、いつ、いくら借りて、いつ、いくら返ってきたかという情報を出してもらいます。

しかし、過払い金が多かったりすると、借金が大幅に減る可能性があるので、情報を出し渋る業者や、悪徳な業者の場合には情報を誤魔化すこともあります。こうなると、利息の引き直し計算のしようがありませんので、借金の減額を交渉することも出来ません。

このようなことを防止するためには取引経過の内容に誤りがないかをチェックする必要がありますので、弁護士や司法書士に依頼する場合は出来るだけ細かく取引の情報を伝えるようにしましょう。

理由②:債権をカットの要求が困難

利息の引き直し計算が完了して債務額が確定すると次は将来に渡って利息をカットしてもらったり、返済があまりにも長期に渡りそうな場合には借金の一部をカットしてもらうように要求します。

業者にとっては利息=利益ですから、この要求も簡単には受け入れてもらえないことも多いです。業者の中には「利息なしでは和解しない」、「みなし弁済を認めろ」と主張する業者もいます。個人再生では借金額は1/5になりますし、自己破産で免責となれば借金はゼロになるということを考えると任意整理された方がマシだと思いますが、残念ながら全ての業者がこのように考えるわけでありません。

このような場合、弁護士や司法書士は業者側の主張を拒否し、時間はかかるかもしれませんが粘り強く交渉することになるでしょう。

理由③:計画に従った返済をするのが困難

これは債務者の話しですね。任意整理をした人の多くは後に自己破産していると言われており、完済に至っていません。

借金で悩んでいる人の中には官報に掲載されてしまう個人再生と自己破産を避けたいがために、任意整理を強く希望する人もいます。任意整理にこだわるばかりに無理な返済計画で和解してしまい、結局は払いきれなくなることも多くあります。

また、任意整理をすれば、それまでの借金の苦しみから解放されますが、3年間は返済していくことになりますので、完済したいという強い気持ちがなければ任意整理は成功しないでしょう。

まとめ

今回の記事では「任意整理は難しいのか?」について解説してきましたが、任意整理の難易度はケースバイケースで、案件によっても異なります。なので、弁護士によってもその評価にはバラつきがあると言えますね。

大事なのは任意整理が困難となる前に弁護士や司法書士に相談に行くことです。借金が少額で、借りている先も少ない場合や、これまでに一度も遅れずに支払って来た場合などには任意整理と言えども難しくはないでしょう。

どうしても任意整理にこだわりたいのであれば、3年~5年の返済期間は倹約に努めるなど経済生活の更生に注力し、完済を強く意識する必要があります。

他にも、債務者が反省する機会を失うのであまりおすすめは出来ませんが、親族や知人にお金を借りることが出来るのであれば、任意整理をして一括返済することもできます。

任意整理を依頼しても和解が難しい場合や返済が難しいと予想される場合は、任意整理だけにこだわらず、個人再生や自己破産も視野に入れて検討することが望ましいです。

借金整理を検討している方は安易に任意整理に決めることはせずに、出来るだけ弁護士や司法書士からアドバイスを受けるようにしましょう。きっと、あなたに適切な借金整理法を提示してくれるはずです。

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村