HOME > 任意整理の基礎知識 > 任意整理を成功させるためのポイントや注意点

任意整理を成功させるためのポイントや注意点

任意整理のポイント・注意点

任意整理の手続きは普通、弁護士に依頼して受任通知から債権者との交渉、和解まで全てを任せることになります。しかし、任意整理を成功させるためには任せっきりではなく、自分でもやっておくことや知っておくことがあります。

そこで今回は、任意整理を成功させるためのポイントや注意点についてまとめておきたいと思います。

任意整理開始時には通帳残高をゼロにしておく

返済が口座振替になっている借金を任意整理するときには、あらかじめ通帳に残っているお金を全部引き出して、残高をゼロにしておくのが安心です。

任意整理を申し入れた場合には、毎月の返済を一旦ストップすることができます。しかし、返済を口座振替にしている場合には、手続き上、弁護士・司法書士が貸金業者に受任通知を送ってからもしばらくの間、振替が停止にならない可能性があります。

また、銀行や銀行カードローンの借金を任意整理する場合には、受任通知が届くと同時に、銀行側が口座を凍結してしまうケースも多くなっています。この場合には、口座に残っているお金はその銀行への借金の返済に充てられてしまいます。

任意整理を開始するときに引き落とし口座に残高があれば、本来払わなくてすむものを払ってしまうことになります。生活費が足りなくなる心配があるだけでなく、債権額が確定せず、手続き完了まで時間がかかってしまうことになります。

和解成立後の返済は自動振替にすることもできる

任意整理時にはカードは強制解約になり回収されてしまいますから、任意整理後はカードを使って返済することはできません。任意整理後の返済は、和解書にもとづき、貸金業者指定の口座に毎月振込する形になります。

もし指定された期日までに振込できなかったら、延滞となってしまい、残りの借金の一括返済を迫られてしまう可能性もあります。毎月確実に振込したいなら、返済を口座振替にしておいた方が良いでしょう。

なお、口座振替にしたい場合には、業者側では手続きしてくれませんから、自分で銀行へ行って自動振替の手続きをする必要があります。

自動振替にしたときには、口座の残高が不足していれば引き落としがされず、延滞してしまいます。残高不足を防ぐために、給料が振り込まれたらすぐに返済分が引き落としされるよう引き落とし日を設定しておくと良いでしょう。

代行返済を利用するメリットとデメリット

法律事務所や司法書士事務所の中には、任意整理後の代行返済のサービスを行っているところがあります。代行返済とは、法律事務所や司法書士事務所にあらかじめお金を預けておけば、振込手続きを代わりに行ってくれるというものです。

代行返済を利用すれば、複数の貸金業者の借金を任意整理した場合にも、各業者に振込する手間を省くことができます。返済に充てるお金が用意できなくなった場合にも、すぐに弁護士や司法書士が対処してくれますから、安心感があります。

しかし、代行返済を利用する場合には、代行返済手数料を支払わなければなりません。代行返済手数料は1社につき1回1000円程度になりますから、完済までにはかなりの手数料を支払うことになります。せっかく任意整理で減額した分が、代行返済手数料に代わってしまうこともありますから、よく考えてから利用するようにしましょう。

収入と支出を把握するため家計簿をつける

任意整理で和解が成立しても、設定された毎月の返済額に無理があれば、また返済が滞ってしまう可能性があります。任意整理を考えたなら、まず、毎月の収入と支出をきちんと把握するところから始めましょう。

家計簿をつけることで、毎月どれくらいの額を返済に充てられるかがわかりますから、無理のない返済額を設定して和解することができます。

任意整理後約5年間は信用情報機関に事故情報が登録されていますから、新規の借入ができません。この期間には新たな借金は増えないということですから、生活を立て直すことに専念しましょう。

他社のクレジットカードが使えなくなる可能性も考慮しておく

任意整理後には、任意整理の対象としていないクレジットカードも使えなくなる可能性がありますので注意しておきましょう。

任意整理の際には借入があるすべての業者と和解する必要はありませんから、一部のカードを手元に残すこともできます。そもそも延滞の発生していないクレジットカードは任意整理する必要がないですから、そのまま持っておいても問題ありません。

しかし、カードの更新のときには、信用情報を照会されますから、他社で任意整理を行ったことがわかってしまいます。また、貸金業者では、与信と言って、定期的に顧客の信用情報を確認していますから、その際に任意整理がバレてカードが解約になってしまうことも考えられます

任意整理後はなるべくクレジットカードは使わない方が良いでしょう。カードを持っていればつい使い過ぎてしまう可能性がある人は、あらかじめカードを解約することも検討しましょう。

支払いが厳しくなったら延滞する前に必ず連絡を

任意整理後に返済が遅れそうな場合には、延滞してしまう前に、弁護士や司法書士を通じて貸金業者に連絡してもらいましょう。早めに連絡すれば、待ってもらえる可能性もあります。

任意整理後に延滞してしまえば、同じ業者が再び和解して支払い条件の変更に応じてくれる可能性はきわめて低くなっています。もし任意整理できなければ、あとは自己破産しか方法がないこともありますが、早めの対処で再度の任意整理が可能になることもあります。

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村