HOME > 借金に関する基礎知識 > 時効援用通知書の書き方について

時効援用通知書の書き方について

時効援用通知書の書き方

貸金業者からの借金であれば5年で消滅時効が成立となります。しかし、以前も記事で書いたように5年経ったからと言っても黙っていては、借金がチャラになることはありません。

消滅時効が成立した借金に関しては、貸金業者に「時効援用通知書」を送って時効の援用をしなければ、借金は消滅しないので注意が必要です。また、消滅時効が完成していれば、時効援用通知書を送るだけで相手の合意などがなくても借金はチャラになります。

時効援用通知書は弁護士などの専門家に依頼するのも良いですが、自分で書くことも可能ですので、今回は時効援用通知書の書き方について説明していきます。

時効援用通知書を出すときに気をつけて欲しいのは、時効が中断していないかどうかです。最後の取引日から5年経っていたとしても、時効が中断していた場合は消滅時効が完成していません。よって、時効の援用をすることもできません。

消滅時効の中断など詳しい内容はコチラの記事を参考にしてください。
借金が時効になって、無くなることはありますか?

時効援用通知書の書き方

時効援用通知書は基本的にワードやエクセルで作成します。

通知書の内容としては、消滅時効が完成している旨や、今後請求をしないで欲しいということを記述しておきます。専門家でも記述する内容は異なり、残りの借金の金額を書く人もいれば、金額は不明として書かない人もいるようです。

また、時効援用通知書が間違いなく届いたことを証明するために、内容証明郵便を利用して通知するのが良いでしょう。

記載する項目

<必ず記載する項目>

日付
通知書を送った日付を記載します。

通知人の氏名、住所
ここには時効の援用をする自分の名前と住所を記載します。

被通知人の会社名、代表者名、住所
これは時効援用通知書を受け取る貸金業者の情報を記載します。

消滅時効が完成していることを主張する
「消滅時効の期間(5年)が経過しているので、消滅時効を援用します」ということが分かれば問題ないでしょう。

【例文1】
貴社は私に対し、貸金の請求をしておりますが、私が貴社より借り受けた金員は最終弁済期日より既に5年以上が経過しており、時効が完成しております。
※引用元:行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス

【例文2】
貴社は,私に対して,下記債権を有していると主張されていますが,既に消滅時効期間が経過しているため,本書面をもって,下記債権の消滅時効を援用します。
※引用元:草津駅前法律事務所

■今後の請求は辞める内容
消滅時効が完成しているので、今後は請求してこないように要求します。

【例文1】
つきましては、私は貴社に対し、本書面を以って消滅時効を援用させて頂きますので、今後一切、私に対する請求は行わないで下さい。
※引用元:行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス

【例文2】
これにより,私の債務は消滅致しますので,今後,請求等をされないようにお願いします。
※引用元:草津駅前法律事務所

以上のような内容でも時効援用通知書としては問題なく効力があると思われます。残りの借金の金額が分かる場合は金額を書いても良いですし、契約番号などが分かればこれを記載することもあります。

<記載することのある項目>

■債権の種類
通常の借金であれば貸付金と記載します。

■契約日
貸金業者と契約を交わした日です。

最終弁済日
最後の返済した日のことです。

残元金
残りの借金がいくら残っていたのかを記載します。

また、行政書士に時効援用通知書を代行してもらった場合、万全を期すために以下のような内容も記載されるようです。

万が一、電話やFAX・文書・訪問その他、方法の如何を問わず、取り立て行為が発覚した場合には、貸金業法第21条、又は刑法第249条・同250条の違反行為として、刑事告訴などの然るべき法的手段をとる所存ですので、ご承知おき下さい。  なお、もし貴社において時効中断処置を講じているとの主張をされるのであれば、その旨を証拠資料とともに、書面にてご回答頂けるよう、お願いします。 また、本書面受領後、遅滞なく、信用情報センターに対して、事故情報の抹消など適正な情報登録を行って下さい。 万が一、適切な措置を講じないがために経済的な不利益や損害を被った場合には、別途、損害賠償請求をする場合がありますので、ご注意下さい。  もしも貴社が、法律上の利害関係が無い親族からの代位弁済などを受けていたような場合には、債務者の意思に反する弁済として、これを取り消し、別途、弁済者より不当利得返還請求を行う場合も御座いますし、貸金請求の訴訟や支払督促などの法的手続きを行われた場合には、別途、虚偽訴訟に対する損害賠償請求をするなどの然るべき法的手続きを行う所存ですので申し添えます。
※引用元:行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス

内容証明郵便を出す際の注意点

内容証明郵便とは、いつどのような文書を誰が誰に宛てて出したのかを証明してくれる郵便のことです。そのため、普通の郵便とは出し方が異なるので注意が必要です。日本郵便のホームページを見ても良いですが、若干分かりづらい部分があったので、ここで解説しておきます。

文書は合せて3通も必要

内容証明郵便では実際に貸金業者に送る文書(内容文書)が1通、郵便局が保管するもの(謄本)1通、そして自分が保管する文書(謄本)が1通で、合計3通が必要となります。

つまり、相手に送る内容文書1通と、保管用の謄本が2通必要になるということです。

謄本には制限がある

保管用の謄本には横書きの場合、
・1行20字以内、1枚26行以内
・1行13字以内、1枚40行以内
・1行26字以内、1枚20行以内

の範囲内で書かなければなりません。

これは謄本のみの制限で、相手に送る内容文書においては、1行の文字数など特に制限はありませんが、謄本を作成したら、3部プリントアウトするかコピーするなどして、3通とも同じ内容にするのが最も簡単だと思います。

まとめ

今回は消滅時効が完成した場合に貸金業者に宛てに送付する「時効援用通知書」の書き方についてまとめました。借りたお金を放っておいて時効が来たので払いませんというのは、ちょっと無茶苦茶な感じがしますが、貸金業者も回収できる権利があったのに、それを行使しなかったことにも責任があります。そのため、時効の援用は正当な主張だと言えます。

見てきたように時効援用の通知書は自分でも出すことが出来ますが、多少の法律の知識が必要になってきますし、内容証明郵便の出し方も初めての場合は煩雑となります。そのため、少しでも不安のある方は、弁護士や司法書士、もしくは行政書士といった法律の専門家に代理人を依頼して、通知書を作成してもらうのが賢明だと言えるでしょう。

↓「任意整理」の気になるブログを今すぐチェック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 特定調停・任意整理へにほんブログ村